海原(かいげん)創刊の辞より

海原(かいげん)創刊の辞より
 俳句形式への愛を基本とし、俳諧自由の精神に立つ
           「海原」代表 安 西 篤


2020年12月9日水曜日

海原関西オンライン句会

 海原・関西オンライン句会 2020年11月1日

首の廻らぬからだや皇帝ダリア  稲葉千尋
老いて沖見る島の娼婦よ野紺菊  大西健司
かりものの身体を洗う赤のまま  桂 凛火
ワンピース音波のような少女達  葛城広光
越境の言葉飛び交う紅葉山    河田青峰 
うそ寒し 終着駅の 常夜灯  上月さやこ
いつまでも終はらぬ家族熟柿吸ふ 小西瞬夏
百日紅齧り甲斐なきロバの脛   白石修章 
梟の滅ぶ闇あり痛覚あり     武田伸一
怪しげなざわわに紛れ隠(おん)の国   谷口道子
          (青森にて)
浜茄子の赤き実志功に微笑仏   樽谷寛子
逢えばサルビアの赤よりもさびしい
               月野ぽぽな
両手組む百万人目かも知れぬ柩  新田幸子
赤い輪郭の影ばかりなり星月夜  野﨑憲子
無花果の乳垂れ指にギリシャの香 増田暁子
連休日マスクの群れや観光地   松本 孜
蟷螂の詩をふりかざす斧である 三好つや子
光秀の陣へ日帰り鰯雲      村上紀子
想念のような種蒔く少し老いて  若森京子
名案を覗いているよきりぎりす  榎本祐子
            (榎本祐子・記)


0 件のコメント:

コメントを投稿

海原関西オンライン句会

 海原・関西オンライン句会 2020年11月1日 首の廻らぬからだや皇帝ダリア  稲葉千尋 老いて沖見る島の娼婦よ野紺菊  大西健司 かりものの身体を洗う赤のまま  桂 凛火 ワンピース音波のような少女達  葛城広光 越境の言葉飛び交う紅葉山    河田青峰  うそ寒し 終着駅の...